コロナビールとは?味や特徴、おいしい飲み方を詳しく紹介!

 

世界180カ国で販売され、日本でも輸入ビール第1位とみんなに親しまれ愛されているコロナビールは、 これからの季節、レジャーやバーベキューなどにも欠かせない存在ですよね。

暑い夏、汗をかいた後に瓶のままゴクゴクと飲めるコロナビールは格別です。

せっかくだから、コロナビールをおしゃれに楽しみたい コロナビールの味や特徴、おいしい飲み方についてご紹介します。

コロナビールとは?

 

映画ワイルドスピードでもお馴染みのコロナビール。 陽気な音楽とともに、パーティタイムにはやっぱりビールが欠かせません。

正式名称は、コロナ エキストラ。原作国はメキシコです。

透明のボトルにコロナのマークがおしゃれな、ピルスナータイプのビールです。

日本でも輸入ビール第1位という、人気ぶり。 世界中で最も飲まれているメキシコビールだといえます。

コロナビールのアルコール度数は4.5%と比較的低め。

なので、お酒がそこまで強くない人や女性でも飲みやすいあっさりとしたビールです。

コロナビールはどんな味?

コロナビールは、ピルスナータイプのビールです。

味は、すっきりとしていて、苦みやクセがないので、ビールが苦手という方も飲みやすいテイストです。

実際に知恵袋などで、コロナビールの味の賛否両論を調べたところ、 味が薄くてまずい、という意見も少しはあるようですが、 ほとんどの方が「飲みやすくておいしい!」「ゴクゴクいける!」といった、おいしい、うまいという声が大半でした。

メキシコが原産国なので、暑い夏でも水のようにゴクゴクと飲める味になっています。

クセがないので、どんな料理やシーンにも合わせられるのが特徴です。

コロナビールの飲み方3選

コロナビールといえば、キンキンに冷やした瓶にカットしたライムを挿して飲むのが定番のスタイル。

でも、ひと工夫を加えることでさらにおいしく飲むことができるんです。

今回は、定番のスタイルのほかにひと手間加えた飲み方をご紹介します。

【定番】コロナビール + ライム

日本の公式サイトでも、紹介されているライムを挿して飲むスタイル。

ライムを1/8にカットして、コロナ エキストラの瓶の飲み口に挿します。

ライムを絞るか、そのまま指でぎゅっと押し込むと、しゅわーっと泡がでてくるので瓶のままぐいっと飲むのが定番のスタイル。

ライムの酸味がコロナビールにあわさって、すっきりした飲み口をさらに飲みやすくしてくれます。

「ライムがなければコロナを飲むな」と言われることがあるほど、 コロナビールにとってライムは欠かせない存在なんですね。

【一工夫】コロナビール + ライム + 塩

いつもの飲み方に一工夫を加えるだけで、もっとおいしくコロナビールが味わえるんです! それが、塩を加える方法。

コロナ エキストラに、カットライムをさして、瓶に押し込むところまでは同じ。

その後に、お好みで塩を入れたり、スノースタイルで瓶に塩をつけて飲むと、 さわやかなコロナビールがよりコクのある味わいに!

メキシコでは、ビール+塩という飲み方をすることがよくあるんだそう。

塩を加えるだけで、いつもと違ったコロナビールを味わうことができますよ♪

【カクテルにも!】コロナビール + 〇〇

ライムや塩といった定番の飲み方以外に、 カクテルにして、おしゃれに楽しむことも。

おすすめなのが、コロナビールをジンジャーエールで割ったジャンディガフです。

シャンディガフは、ビールとジンジャエールを1:1で割ったもの。

もともと飲みやすいコロナビールですが、ジンジャーエールで割ることでさらに飲みやすくなりますよ!

お気に入りのグラスに、コロナビールとジンジャーエールでおしゃれに楽しんでみてはいかがですか。

そのまま飲んでもOK!

コロナビールの基本は、ライムを合わせて飲むスタイルですが、 ライムや塩がなくっても、もちろんそのまま飲んでもおいしいんです!

コロナビールを瓶のまま、ぐいっと飲んでみましょう。

すっきりとした味で苦味もないのでそのままでもゴクゴク飲めてしまいます。

ライムやレモンといった柑橘系の味が苦手という方は何も入れずに、ぜひそのまま飲んでみてください。

とくに暑い夏にキンキンに冷やして、瓶のまま飲むコロナビールは最高においしいですよ!

コロナビールの特徴

 

これから暑くなる季節、バーベキューや海といったレジャーシーンにもコロナビールがおすすめ。

コロナビールにライムを挿して、そのまま飲むスタイルは海外のワンシーンのようでとってもおしゃれ。

コロナビールにライムを合わせる理由や、ライムがないときの代用法などについてご紹介。

定番のスタンディングスタイルですが、なんで立って飲むの?という疑問にもお答えします。

コロナビールにライムを合わせる理由

コロナ エキストラの公式サイトでも、ライムと一緒に飲むことを推奨しているほど、 コロナビールにとってライムは不可欠の存在。

そのままでも十分おいしいコロナビールですが、 ライムの酸味を加えることで、しゅわーっと泡が立って爽快感を感じることができます。

メキシコでは、ライムの生産量がとても多く、ライムが使われることが多いですが もし、ライムが手に入らないという場合はレモンを使っても。

レモンの方が酸味を強く感じるので、よりすっきりした味に。

もちろん、レモンを入れてもさらに爽やかでおいしいのでお好みでお好きな方をどうぞ。

コロナビールは立って飲むのが礼儀?

コロナビールを飲むときは、瓶のまま立ってラッパ飲みするのが基本。

というのも、「このビールは、立って飲むのがお行儀です」というキャッチコピーが 広告に使われたこともあるようにコロナビールの公式な飲み方は立って飲むスタイル。

もともとは海外ビールなので、立って飲むスタイルなのですが日本でもおなじみに。

お店でコロナビールを頼むと、瓶にライムが挿して出てくることがほとんどです。

バーカウンターで、立って瓶のまま飲むスタイルもおしゃれですよね♪

まとめ

いかがでしたでしょうか。コロナビールは、世界中で愛されているメキシカンビールです。

すっきりした味わいでゴクゴク飲めるので、ビールが苦手という方にもおすすめです。

今回ご紹介した飲み方で、おしゃれにかっこよくコロナビールを飲んでみてください。

これから暑くなる季節にもってこいの爽快感あるビールなので、 バーベキューやレジャーなどでコロナビールと一緒に特別なひとときをぜひ楽しんでくださいね♪


この投稿をシェアする



← 前の記事 次の記事 →