【泡と喉越しが大事!】自宅で缶ビールを美味しく飲む方法とは?

ビールを美味しく飲むコツ

ビールを飲む人

 頑張った1日の締めくくりにビールを楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

せっかくのビール。できれば美味しく楽しみたいですよね。

そこで、今回の記事では、ビールを美味しく楽しむために、ビールの適温、飲み方、グラスへの注ぎ方、相性の良いおつまみ等についてご紹介していきます。

ぜひ今後のビールライフの参考にしてみてください。

ビールが美味しい適温を知る

ビールの冷やし具合の好みは人によって異なりますが、一般的には、夏なら4~6度、冬なら6~8度が適温です。

常温のビールならば冷蔵庫で4時間程度冷やしておけば、適度な温度になります。

ビールは冷やし過ぎても成分が凝固して濁りが発生して美味しさが減少。

ぬるすぎても喉ごしが悪くなるので、適切な温度で楽しむのがおすすめです。

グラスに濯いで飲む!

ビールはコンビニやスーパー、通販で購入できますが、缶や瓶に入って販売されています。

ビールを美味しく飲みたい方はぜひグラスに注いで飲むことをお勧めします!

なぜなら、ビールをグラスに注ぐことで、しっかりと泡を生み出すことができ、滑らかなのどごしを楽しむことができます。

グラスにも様々な種類があるので、自分好みのマイグラスを購入するのもいいですね。

注ぎ方が重要!泡とビールの比率は7:3

ビールをグラスに注ぐことで、缶や瓶では味わえない美味しさを生み出すことができますが、実は注ぎ方にもコツがあります。

グラスに注いでしっかりと泡を発生させることで、ビールの風味を逃さず、滑らかなのどごしを楽しむことができます。

そして、泡とビールの比率は7:3がおすすめ。

グラスを傾けてゆっくり注ぐことで、泡とビールの黄金比を実現させてみてください!

色の薄いビールから飲み始める

1日に複数種類のビールを楽しむ方も多いのではないでしょうか。

複数のビールを美味しく飲むためには、順番も大事になります。

最初は色の薄い、ライトボディなビールから飲み始めて、徐々に色の濃いボディのしっかりしたビールにシフトしていきましょう。

味わいの軽いビールから順番にのむことで、それぞれのビールの味をしっかりと楽しむことができます。

最初の一口目は勢いよく喉越しを感じる

ビールは最初の一口ののどごしが肝心です! カラカラに乾いたのどに勢いよくビールを流し込みましょう。

特にビールのような炭酸飲料は、のどの水を感じる神経に強く作用するので、のどが渇いている最初の一口は強烈に旨味を感じます。

喉が潤うことで、徐々にこの神経の作用が弱くなるので、ビールはのどが乾いてる最初の一杯に最適なんです。

相性良いおつまみと飲む

ビール単体でも十分美味しいですが、相性の良いおつまみと合わせることでさらに美味しさが引き立ちます。

ビールと相性の良いおつまみは塩気の効いたものやこってりとした食べ物です。

ビールの苦みや酸味に、塩気が合わさることで複雑な味わいを楽しむことができます。

脂っこい料理も、ビールのすっきりとした後味で洗い流してくれるので相性抜群です。

ビールサーバーを使って飲む

さらにビールの飲み方にこだわりたい人はビールサーバーを使用するのもおすすめです。

ビールサーバーを使うことで、上質な泡を作ることができ、ビールと泡の比率も簡単に調整することができます。

自宅で使用できる安価なビールサーバーもたくさんあるので、ぜひ購入を検討してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は自宅でもビールを美味しく飲む方法を紹介しました。

ぜひおつまみや温度、飲み方などを参考にして、家飲みライフを楽しんでみてくださいね!


この投稿をシェアする



← 前の記事 次の記事 →